[論壇キーワード]【クリエイティブ・コモンズ】著作権、そして文化守る…武田徹

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 従来の音楽と映像だけでなく、静止画や文章などでも違法にネット上にアップロードされたものと知りつつダウンロードした場合に罪に問えるようにする。そうした内容の著作権法の改正案を文化庁は今国会に提出する予定だ。

 これに対してマンガ家など一部の実作者から異議の声が上がっている。海賊版サイトが横行する中、権利が守られるようになるはずの彼らはなぜ反発するのか。

 著作権法の立法目的はその第一条にあるように「著作者等の権利の保護を図り」「文化の発展に寄与する」ことだ。たとえば私的な使用であれば著作者の許諾なしの複製を認める規定も、そこまで目が届かないという消極的な理由だけで設けられたのではなく、後段の“文化の発展への寄与”が意識されていたのではないか。

 借りたCDを自分で録音し、繰り返し聴けたのも私的使用の範囲内で複製が認められていたからだ。多くの著作物に手軽に触れられた社会あってこそ今の文化の隆盛が用意され、今の自分がいるという実感を持つ実作者ほど著作物へのアクセス制限を強める法改正に抵抗を覚える。

 そんな実作者の気持ちに応える試みの一例が米国の法学者ローレンス・レッシグが提唱するクリエイティブ・コモンズだ。たとえば実作者の中には非営利活動の一環であれば著作物を自由に二次利用してよいと考える人もいるだろう。その際に著作者名の明示や内容の改変禁止を義務づけるかなど、実作者が使用許諾条件を柔軟に定められる枠組みを作り、自由に著作物が利用できる幅を合法的に広げて行く。そうした活動をレッシグは展開している。

 その活動が世界に広がっている背景には政府やコンテンツ関連企業が著作権侵害に至るリスク排除に躍起となっている状況への懸念がある。レッシグはかつて米国で吹き荒れた赤狩り旋風にならってそれを知的財産権(IP)マッカーシズムと呼んだ。確かにCDに続いて登場したDVDで提供される映像コンテンツは製造段階でアクセスガードがかけられ、日本の著作権法が認めているはずの私的な複製や教育研究など公共性の高い活動の中での複製利用も不可能となっている。こうした技術的保護手段を回避したら即・違法とみなす改正法も12年に施行された。

 オリジナルと同品質の複製が簡単に作れ、ネット配信できてしまうデジタル時代に著作権保護のための法や技術を整備する必要はもちろんある。だが一方で創造活動クリエイティブのために自由に使える共有財コモンズを作るクリエイティブ・コモンズのような方法とも積極的に連携をとり、“権利は守られたが文化は死んだ”とならないようにする知恵が必要だろう。(評論家・専修大教授)

461869 1 エンタメ・文化 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 新聞の信頼度と報道の役割について語る、武田徹・専修大教授(メディア論)。読売新聞社の全国世論調査では、幅広い世代が新聞に高い信頼を寄せていることがわかった。武田教授は「新聞は、裏付けがあって報道する、言論機関であることに存在意義がある」とし、一方で、若年世代の新聞に期待する役割で「権力を監視する」「世の中の不正を追及する」が2割前後と低かったことについて、「こうした役割に関して期待されなくなってきている理由を、メディアは真摯に省みるべきだ」と述べた。読売新聞東京本社で。2018年9月27日撮影。同年10月14日朝刊掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190225-OYT8I50227-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ