小池一夫氏死去…「子連れ狼」原作、劇画ブーム先導

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「子連れ狼」などで劇画ブームを先導した漫画原作者の小池一夫(こいけ・かずお、本名・俵谷星舟=たわらや・せいしゅう)さんが17日、肺炎のため都内の病院で死去した。82歳だった。告別式は親族で済ませた。

 秋田県生まれ。時代小説家の山手樹一郎に師事。漫画家のさいとう・たかをさんのもとで「ゴルゴ13」などの脚本に携わった後、原作者として独立。1970~76年に「週刊漫画アクション」で連載された「子連れ狼」(画・小島剛夕)は、幼い息子の大五郎と諸国行脚する刺客、拝一刀おがみいっとう復讐ふくしゅう劇を描き、映画化、テレビドラマ化もされた。「しとしとぴっちゃん……」で始まる小池さん作詞のドラマ主題歌と共に一大ブームになった。

 激しいバイオレンスと性描写で人間の情念を深く掘り下げ、同じ原作者の梶原一騎さんと並び、70年代以降の劇画の時代を盛り上げた。他の作品に「修羅雪姫」(画・上村一夫)、「クライングフリーマン」(画・池上遼一)などがある。映像化された「子連れ狼」や「修羅雪姫」は、アメリカ映画などにも影響を与えた。

 77年に「小池一夫劇画村塾」を開き、漫画家の高橋留美子さん、原哲夫さんらを輩出するなど、後進の指導にも力を入れた。「電子戦隊デンジマン」などのテーマ曲の作詞も手掛けた。

無断転載禁止
545179 0 エンタメ・文化 2019/04/19 20:21:00 2019/04/19 23:11:01 2019/04/19 23:11:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ