「それぞれの終楽章」で直木賞…阿部牧郎さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 直木賞作家の阿部(あべ)牧郎(まきお)さんが11日、急性肺炎のため亡くなった。85歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は妻、映子さん。

 京都府出身。7回の落選をへて1988年、「それぞれの終楽章」で直木賞を受賞。自伝的小説「大阪迷走記」で受賞にいたる悪戦苦闘を描いた。評伝、戦記、時代小説、官能小説などを幅広く手がけ、他の著作に「神の国に殉ず 小説 東条英機と米内光政」「われらの再生の日」など。大の野球ファンで、長嶋茂雄さんらの活躍を小説化した「90番死なず」などでも知られた。

無断転載禁止
585690 0 エンタメ・文化 2019/05/16 11:30:00 2019/05/16 11:30:00 2019/05/16 11:30:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ