「イェーイ」流行語に…「ドレミファドン!」高島忠夫さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

高島忠夫さん
高島忠夫さん

 テレビの司会や映画解説でも親しまれた俳優の高島忠夫(たかしま・ただお、本名・高嶋忠夫)さんが26日、老衰のため東京都内の自宅で亡くなった。88歳だった。告別式は近親者で済ませた。

 兵庫県出身。1952年、井上梅次監督「恋の応援団長」の大学生役でデビュー。「青春ジャズ娘」など一連のジャズ映画で江利チエミさん、雪村いづみさんと共演し、歌うスターとして人気者になった。70年代以降は、テレビを中心に活躍した。

 63年に、宝塚歌劇団で活躍した寿美花代さんと結婚。夫婦で長年、料理番組「ごちそうさま」で司会を務めたほか、クイズ番組「クイズ!ドレミファドン!」では軽妙な司会を披露し、決めぜりふ「イェーイ」は流行語になった。また、「ゴールデン洋画劇場」の解説も長年担当。NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」などドラマにも出演した。

 また、息子の高嶋政宏さんと高嶋政伸さんは共に俳優となり、一家そろってテレビ番組やコマーシャルに出演、芸能一家として親しまれた。

 98年にうつ病と診断され、家族の協力を得て治療に専念。2002年からはリハビリもかねて、一家総出演のコンサートを開いた。克服後は、うつに苦しむ人や家族のために闘病体験を語り、その内容を基にしたドキュメンタリードラマも作られた。

 政宏さんは「ここ数か月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母いわく最後は眠るように旅立っていったのがせめてもの救いです」などと、コメントを発表した。

無断転載禁止
661743 0 エンタメ・文化 2019/06/28 12:58:00 2019/06/28 19:37:20 2019/06/28 19:37:20 インタビューに答える俳優の高島忠夫さん(左)と妻の寿美花代さん。うつ病との闘病生活が、ドキュメンタリードラマ化された。東京・港区で。2007年6月6日撮影。同月18日夕刊[収録現場]掲載※★[この写真の使用許諾は出稿部が責任をもってお取りください] https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190628-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ