大阪の古墳群、世界文化遺産に…ユネスコ決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

世界遺産登録が決まった仁徳天皇陵古墳(右上)など百舌鳥エリアの古墳群(堺市上空で、読売ヘリから)=吉野拓也撮影
世界遺産登録が決まった仁徳天皇陵古墳(右上)など百舌鳥エリアの古墳群(堺市上空で、読売ヘリから)=吉野拓也撮影

 【バクー=佐藤行彦】アゼルバイジャンの首都バクーで開催中の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は6日、日本が推薦した「百舌鳥もず古市ふるいち古墳群」(大阪府)を世界文化遺産に登録することを決めた。「この時代の社会政治的構造、社会的階層差および高度に洗練された葬送体系を証明している」などと評価した。

 国内の世界文化遺産としては19件目、自然遺産とあわせた世界遺産全体では23件目で、大阪府内では初めてとなる。

 同古墳群は4世紀後半~5世紀後半、大阪平野南部に築かれた多様な規模、形状の古墳計49基で構成。そのうち29基は、宮内庁が古代の天皇や皇族の墓として管理している。いずれも都市部にあり、国内最大規模の前方後円墳、仁徳天皇陵古墳(大山だいせん古墳、全長486メートル)を含む百舌鳥エリア(堺市)と、2位の応神天皇陵古墳(誉田御廟山こんだごびょうやま古墳、全長425メートル)などがある古市エリア(羽曳野はびきの、藤井寺両市)に分かれている。

 この日の審議では、21の委員国のうち、クウェートやスペインなど6か国が発言。巨大な土の建造物を築いた当時の高い技術や、墳墓の形や大きさによって権力を象徴した独自の文化を示すものとする声が相次いだ。ジンバブエなどは1950年代に宅地開発で取り壊しの危機に直面した前方後円墳、いたすけ古墳(堺市、全長146メートル)が、市民らの保存運動で守られた歴史に触れ、「市民によって古墳は往時の姿をとどめている」と述べた。

 国内では2013年の「富士山」(山梨、静岡両県)以来、7年連続での文化遺産登録となった。

無断転載禁止
676028 0 エンタメ・文化 2019/07/06 17:43:00 2019/07/07 08:31:04 2019/07/07 08:31:04 仁徳天皇陵古墳(右上)と履中天皇陵古墳(左下)(14日午前10時48分、堺市上空で、本社ヘリから)=吉野拓也撮影2019年5月14日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190706-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ