雅楽演奏家の芝祐靖さん死去…文化勲章受章者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 雅楽演奏家で作曲家の芝祐靖(しば・すけやす)さんが5日、悪性リンパ腫で死去した。83歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は長男・祐仁すけひと氏。

 楽人の家に生まれ、1955年から84年まで、宮内庁楽師を務めた。同庁を退職後、横笛演奏を中心に活動し、85年には雅楽演奏グループ「伶楽舎れいがくしゃ」を結成し、音楽監督を務めた。廃絶した雅楽曲や楽器の復元に取り組み、復元楽器のための作品を数多く作曲した。59年には、当時皇太子だった上皇さまのご成婚にあたり「御成婚祝典序曲」を作曲するなどオーケストラ作品も手がけた。2003年に日本芸術院会員、17年に文化勲章を受章。

無断転載禁止
682774 0 エンタメ・文化 2019/07/10 12:46:00 2019/07/10 12:46:00 2019/07/10 12:46:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ