バレエの吉田都さん引退公演、拍手鳴りやまず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

終演後、喝采を浴びる吉田都さん(前列中央)。写真・長谷川清徳氏
終演後、喝采を浴びる吉田都さん(前列中央)。写真・長谷川清徳氏

 英国ロイヤル・バレエ団で活躍した吉田都さん(53)の引退公演が8日、東京都渋谷区の新国立劇場で行われた。日本を代表するバレリーナが35年間の現役生活に終止符を打った。

 公演には国内外のダンサーが集まり、吉田さんは4演目に出演。「白鳥の湖」の抜粋場面ではフェデリコ・ボネッリさんと優美に踊った。終演後は出演者一人ずつから花束を手渡され、晴れやかな笑みを浮かべた。総立ちの観客からの拍手は鳴りやまず、吉田さんはお辞儀を繰り返した。

 吉田さんは1995~2010年、同団の最高位プリンシパルを務めた。来年、同劇場の舞踊芸術監督に就任する予定。

無断転載禁止
732594 0 エンタメ・文化 2019/08/08 23:45:00 2019/08/09 09:48:01 2019/08/09 09:48:01 終演後、喝采を浴びる吉田都さん(前列中央)写真・長谷川清徳氏 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190808-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ