朝ドラ「天陽」役で人気、吉沢亮さん再来年の大河主演

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2021年の大河ドラマに主演する吉沢亮さん
2021年の大河ドラマに主演する吉沢亮さん

 NHKは9日、2021年放送の60作目の大河ドラマに、実業家・渋沢栄一(1840~1931年)の生涯を描く「青天をけ」を制作し、主演を俳優の吉沢亮さん(25)が務めると発表した。大森美香さんがオリジナル脚本を執筆する。

 渋沢は約500の企業の育成に携わり、「日本資本主義の父」と称された。24年度発行見通しの新1万円札の肖像画でも注目される。ドラマは渋沢が挫折を繰り返しながらも、高い志を持って未来を切り開く日々を描く。

 記者会見した吉沢さんは「渋沢の人生を、しっかりエンターテインメントとして楽しくお届けできるよう頑張りたい」と抱負を語った。吉沢さんは連続テレビ小説「なつぞら」で、主人公の幼なじみ・山田天陽役でも人気を博した。

無断転載禁止
786230 0 エンタメ・文化 2019/09/09 20:08:00 2019/09/09 20:14:19 2019/09/09 20:14:19 2021年の大河ドラマに主演する吉沢亮さん(左)と、脚本を担当する大森美香さん(9日午後5時38分、東京都渋谷区のNHK放送センターで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190909-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ