大蔵流狂言師・五世茂山千作さん死去…「お豆腐狂言」実践

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大蔵流狂言師の五世茂山千作(しげやま・せんさく、本名・正義=まさよし)さんが21日午前6時30分、膵臓すいぞうがんで死去した。74歳だった。告別式は24日午後1時、京都市左京区正往寺町457大蓮寺。喪主は長男で、狂言師の十四世千五郎氏。

 人間国宝だった四世千作の長男として京都市に生まれた。4歳で初舞台を踏み、1976年には弟の七五三しめさん(72)らと「花形狂言会」を結成。作家の小松左京さんが書き下ろしたSF狂言「きつねと宇宙人」などの新作や復活狂言にも取り組み、ファンのすそ野を広げた。

 94年、茂山千五郎家の当主、十三世千五郎を襲名。おおらかさと堅実さを併せ持った芸風で、豆腐のように広く親しまれる狂言を上演するという、家訓の「お豆腐狂言」を実践した。

 2016年に千五郎を長男に譲り、隠居名の五世千作を継ぎ、襲名公演では秘曲「庵梅いおりのうめ」を披露した。今年8月末に膵臓がんが判明し、入院治療を続けていた。

無断転載・複製を禁じます
807186 0 エンタメ・文化 2019/09/21 20:40:00 2019/09/21 21:57:17 2019/09/21 21:57:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ