やらせ演出発覚、TBS2番組の放送終了発表「継続困難と判断」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 TBSは21日、やらせ演出が発覚し、放送を休止していたバラエティー番組の「消えた天才」と「クレイジージャーニー」を終了すると発表した。同局は「視聴者の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断した」としている。

 「消えた天才」は、映像を早回しして、スポーツ選手の動きを実際より速く見せる演出が4件あった。「クレイジージャーニー」は、海外の珍しい動物を捕獲する旅の企画で、事前に準備した動物をロケ現場に放ち、捕獲シーンを撮影。準備した動物は15種類に上った。同局は他に同様の演出がなかったか調査していたが、確認されなかったとしている。「消えた天才」については、放送倫理・番組向上機構(BPO)が審議入りを決めている。

 同局広報部は「視聴者を始め、関係者に深くおわびします。再発防止を徹底致します」とコメントした。

無断転載禁止
856833 0 エンタメ・文化 2019/10/21 20:42:00 2019/10/22 11:34:50 2019/10/22 11:34:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ