やらせ演出発覚、TBS2番組の放送終了発表「継続困難と判断」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 TBSは21日、やらせ演出が発覚し、放送を休止していたバラエティー番組の「消えた天才」と「クレイジージャーニー」を終了すると発表した。同局は「視聴者の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断した」としている。

 「消えた天才」は、映像を早回しして、スポーツ選手の動きを実際より速く見せる演出が4件あった。「クレイジージャーニー」は、海外の珍しい動物を捕獲する旅の企画で、事前に準備した動物をロケ現場に放ち、捕獲シーンを撮影。準備した動物は15種類に上った。同局は他に同様の演出がなかったか調査していたが、確認されなかったとしている。「消えた天才」については、放送倫理・番組向上機構(BPO)が審議入りを決めている。

 同局広報部は「視聴者を始め、関係者に深くおわびします。再発防止を徹底致します」とコメントした。

無断転載禁止
856833 0 エンタメ・文化 2019/10/21 20:42:00 2019/10/22 11:34:50 2019/10/22 11:34:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ