高木日向子さん、ジュネーブ音楽コンクール作曲部門で優勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】若手音楽家の登竜門として知られるジュネーブ国際音楽コンクール作曲部門の本選が8日、行われ、大阪音大助手の高木日向子ひなこさん(30)がコロンビア人の男性と同時優勝した。日本人の優勝は、2015年の薮田翔一さん以来となる。

 作曲部門には二十数か国から60人が参加した。3人が進んだ本選では、オーボエを中心にした高木さんの約15分間の曲が17人の演奏家によって披露された。高木さんは「まさか自分が1位になるとは。素晴らしい演奏をしていただけただけでも満足で、自分でも驚いている」と笑顔で話した。

無断転載禁止
890051 0 エンタメ・文化 2019/11/09 18:56:00 2019/11/09 18:56:00 2019/11/09 18:56:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ