伝統芸・文楽が描く「忠臣蔵」…忠義に勝る親心

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

  仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)   山科閑居(やましなかんきょ) の段

 雪がちらつく、底冷えの京都・山科。主君の切腹で浪人となった大星由良助(おおぼしゆらのすけ)宅で、白髪交じりの家老が、いまわの言葉を残そうとしている。家老は、別の主君に仕えている加古川本蔵(かこがわほんぞう)だ。

お石を足で押さえ込む本蔵(中央左、桐竹勘十郎)の右腹に、力弥(左、吉田玉佳)の槍が突き刺さる=いずれも吉野拓也撮影
お石を足で押さえ込む本蔵(中央左、桐竹勘十郎)の右腹に、力弥(左、吉田玉佳)の槍が突き刺さる=いずれも吉野拓也撮影

 大阪・国立文楽劇場で上演中の「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」の九段目「山科閑居(やましなかんきょ)の段」。討ち入りそのものを描かない現行の忠臣蔵では、この段が事実上のクライマックスとなる。かつては名うての太夫でも一度は辞退し、「おこがましくも」と口上に付ける習わしがあったという屈指の大曲である。

祝言を断られ、死を覚悟する小浪(左、吉田一輔)に、母の戸無瀬(吉田和生)が刀を振り上げる
祝言を断られ、死を覚悟する小浪(左、吉田一輔)に、母の戸無瀬(吉田和生)が刀を振り上げる

 本蔵の娘・小浪(こなみ)と由良助の息子・力弥(りきや)は婚約者。刃傷(にんじょう)事件が起こる前に交わした約束通り、祝言を挙げようと、本蔵の娘は母と山科を訪れた。ところが、応対した由良助の妻・お(いし)は「こし入れの土産に本蔵の首を」と告げる。

 本蔵は、刃傷事件の際、殿中で高師直(こうのもろのお)に斬りかかる塩谷判官(えんやはんがん)を抱き止め、本懐を遂げさせなかった張本人。お石は許せなかった。虚無僧姿で一部始終を見ていた本蔵が正体を明かし、逆に遊興にふける由良助を罵倒する。その修羅場で力弥の(やり)が本蔵の右腹に刺さった。恨みを晴らしてもらうため、わざと手にかかったのだ。

本蔵(中央)は刺された腹をさすりながら、由良助(左、吉田玉男)に胸の内を語る
本蔵(中央)は刺された腹をさすりながら、由良助(左、吉田玉男)に胸の内を語る

 本蔵は息も絶え絶えに言う。《忠義にならでは捨てぬ命。子ゆゑに捨つる親心。推量あれ由良助殿》。武士は忠義に死ぬべきだが、私は娘のために死ぬ、その心を察してくれと。本蔵の人形を遣うのは、桐竹勘十郎。太夫の豊竹藤太夫が鶴澤藤蔵の三味線にのせ、切実な親心を際立たせた。

 武家社会の忠義を描いた壮大な群像劇の中で唯一、娘の幸せを願って死を選んだ本蔵。むしろ忠義の否定とも受け止められかねないこの九段目にこそ、初演から250年を超えてなお、名作たりえる由縁があるのかもしれない。(冨野洋平)

【鑑賞ガイド】

 仮名手本忠臣蔵 国立文楽劇場が開場35周年を記念し、春夏秋の3回に分けて全11段を通し上演する最終回。11月24日まで夜の第2部で八~十一段目を披露する。

 八段目「道行旅路(みちゆきたびじ)嫁入(よめいり)」は、戸無瀬(となせ)と小浪の母娘が婚約者の大星力弥を訪ね、鎌倉から京都・山科への道中を描く。十段目「天河屋(あまかわや)の段」は、浪士の武具を調達した大坂・堺の商人、天河屋義平が主人公の物語。十一段目「花水橋引揚(はなみずばしひきあげ)より光明寺焼香(こうみょうじしょうこう)の段」では、討ち入りを果たした浪士が主君の墓前へ報告に向かう。(電)0570・07・9900。

 ◆文楽「仮名手本忠臣蔵」をもっと知る
仮名手本忠臣蔵…文楽の傑作、演じ手が語る意気込み
文楽「忠臣蔵」…舞台は室町、切腹から始まる悲劇
伝統芸・文楽が描く「忠臣蔵」…仇討ち三者三様の思惑

無断転載禁止
904547 0 エンタメ・文化 2019/11/18 15:00:00 2019/11/18 15:13:51 2019/11/18 15:13:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191115-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ