AIも活用「ナスカ地上絵」、新たに143点発見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新たに発見された「両頭の蛇と人」の地上絵。わかりやすく画像を加工している(山形大提供)
新たに発見された「両頭の蛇と人」の地上絵。わかりやすく画像を加工している(山形大提供)

 山形大は15日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南米ペルーのナスカ台地とその周辺で、新たに143点の地上絵を発見したと発表した。うち1点は人工知能(AI)を活用して見つけたという。

 これまで多くの地上絵を発見している同大ナスカ研究所副所長の坂井正人教授らの研究グループは、台地西部の道沿いに絵が集中していると仮定。2016~18年に現地調査を行い、航空機より低く飛べるドローンを使うなどして大量の地上絵を確認した。

 見つかった絵は、サルや鳥などの動物や人物が描かれており、二つの頭を持つ蛇が人をのみ込もうとしているような絵もあった。最大で全長100メートル以上。

 18年末からの日本IBMとの実証実験では航空写真をAIで分析。地上絵の候補が複数示され、現地調査の結果、つえのようなものを持った人の絵を確認した。坂井教授は「AIで全体の分布図を作れる可能性が高まった」と述べた。

無断転載禁止
901091 0 エンタメ・文化 2019/11/15 20:59:00 2019/11/15 21:30:08 2019/11/15 21:30:08 新たに発見された「両頭の蛇と人」の地上絵(山形大提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191115-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP