大河「いだてん」記念の2施設が閉館…入館者数は目標に届かず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピックばなし~」に合わせ、熊本県玉名市に開設された「いだてん 大河ドラマ館」と同県和水町の「金栗四三ミュージアム」が13日、閉館した。視聴率が低迷した影響もあり、入館者は両館とも目標に届かなかった。

 大河ドラマ館前ではこの日、ドラマの主人公で、日本初の五輪マラソン選手・金栗四三ゆかりの両市町と同県南関町のゆるキャラが餅投げをするイベントなどが行われ、家族連れらでにぎわった。

 同館は過去の大河ドラマを参考に、30万人の入館を目標に設定。しかし、11万7310人にとどまり、同市の金栗四三PR推進室は「視聴率や玉名の観光資源の知名度が影響した」と分析。蔵原隆浩市長は閉館セレモニーで「視聴率は伸び悩んだが、ドラマは傑作だった。金栗さんと玉名を全国に発信できた」と述べた。

 12万人が目標だった和水町のミュージアムは9万1184人。最終日に9万人目となった熊本市北区の会社員男性(35)一家に北川雅和館長が記念品を贈った。高巣泰廣町長は「今後も金栗さんゆかりの地が連携し、顕彰に努めたい」と語った。町は、来年3月末まで公開する金栗の生家記念館や地元の公民館に展示品の一部を移す方針。

無断転載禁止
998994 0 エンタメ・文化 2020/01/14 09:04:00 2020/01/14 09:04:00 2020/01/14 09:04:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ