NHK、20年度は149億円の赤字予算に…受信料値下げで43億円減収

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NHKは15日、2020年度の収支予算を発表した。事業収入は7204億円(前年度予算比43億円減)。今年10月に予定される受信料値下げが減収の要因で、受信料収入は6974億円(同58億円減)を見込む。

 事業支出は、インターネット活用業務費に170・3億円を計上し、過去最高の7354億円(同76億円増)で収入を149億円上回り、2年連続の赤字予算となった。赤字分は繰越金を取り崩して補う。

 ネット業務費の内訳は、4月から本格的に開始する、テレビ放送と同時にネットに番組を配信する「常時同時配信」などの国内向け費用が144・8億円、多言語による海外向け発信などに25・4億円。東京五輪・パラリンピック関連のネット配信などに19・4億円を計上した。

 また、経費削減の取り組みとして、2K・4K番組の一体制作や番組制作期間の短縮などを掲げ、100億円程度を圧縮した。

無断転載・複製を禁じます
1001703 0 エンタメ・文化 2020/01/15 17:51:00 2020/01/15 22:26:27 2020/01/15 22:26:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ