韓国人気質「手首切るブスみたいなもん」…関テレ番組、BPOが「倫理違反あった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西テレビ(大阪市)が情報バラエティー番組「胸いっぱいサミット!」の中で、出演者の差別的な発言を放送した問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長=神田安積弁護士)は24日、「放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。

 対象となったのは、昨年4月6日と5月18日の番組。事前に収録されたもので、どちらの回でも、夫が韓国人の作家、岩井志麻子さん(55)が韓国人の気質について、「手首切るブスみたいなもん」と発言した。

 意見書では、同局の第三者機関が示した「広く韓国籍を有する人々などを侮辱する表現であって、公共性の高いテレビ番組では放送されるべきではなかった」との見解を支持。日本民間放送連盟放送基準などの人権に関する規定に抵触するとして、「放送倫理に違反する」とした。

 記者会見で神田委員長は、「関西テレビが自律的に、問題があったと判断したことに意味がある。今後も放送局全体で受けとめ、議論していただきたい」と述べた。

無断転載禁止
1018265 0 エンタメ・文化 2020/01/24 20:30:00 2020/01/24 20:30:00 2020/01/24 20:30:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ