首里城火災、世界遺産価値への影響「軽微」…損傷部は0・05%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文化庁は昨年10月の火災によって、復元された正殿などが焼失した世界文化遺産・首里城跡(那覇市)について、火災が世界遺産としての価値に与えた影響は「軽微」だったなどと、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に報告した。同庁が31日、発表した。

 報告は29日付。首里城跡は正殿の地下に保存された基壇などの遺構が世界遺産の構成資産となっているが、損傷部は展示・研究用に露出させていた2か所に限られ、その面積は、史跡全体の約0・05%にとどまるという。構成資産に含まれない正殿などの建造物は、復元した当時の資料が残っていることから復旧は可能とした。出火原因について、「電気系統によるものが有力だが、引き続き調査中」とした。

 また、復元に向けた工程表を今年度内をめどに策定することも報告。焼失以前の姿に復元することを基本的な考えとし、赤瓦など沖縄の伝統技術を活用できるよう、支援を行うとした。

無断転載・複製を禁じます
1029838 0 エンタメ・文化 2020/01/31 15:23:00 2020/01/31 15:34:39 2020/01/31 15:34:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ