「こんにちは赤ちゃん」梓みちよさん死去…76歳

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

梓みちよさん
梓みちよさん

 「こんにちは赤ちゃん」の大ヒットで知られる歌手の梓みちよ(あずさ・みちよ、本名・林美千代)さんが死去したことが3日、分かった。76歳だった。告別式は近親者で済ませた。

 所属事務所によると、マネジャーが1月29日、打ち合わせのために梓さんの東京都内の自宅を訪ねたところ、亡くなっていた。病死という。

 福岡県出身。宝塚音楽学校在学中に渡辺プロダクションのオーディションに合格し、1962年にデビューした。翌63年、NHKのバラエティー番組「夢であいましょう」で「こんにちは赤ちゃん」(作詞・永六輔、作曲・中村八大)を初披露。「こんにちは 赤ちゃん」「わたしがママよ」と喜びにあふれた歌唱で、人気を博した。発売したレコードは大ヒットし、日本レコード大賞を受賞した。

 当時、梓さんは20歳で、清純なイメージが定着したが、74年の「二人でお酒を」では、あぐらを組んで「うらみっこなしで 別れましょうね」と歌い、大人の歌い手として新たな道を切り開いた。

 歌以外でも、人気テレビ番組「新婚さんいらっしゃい!」の進行役を長年務めるなど活躍。女優としても、テレビドラマ「お嫁さん」や、映画などに出演した。

無断転載禁止
1034724 0 エンタメ・文化 2020/02/03 19:09:00 2020/02/03 21:19:33 2020/02/03 21:19:33 梓みちよさん。歌手。※[取り扱い注意]紙誌面に限り使用可能(クレジット不要)。2004年10月15日、OP写真通信社撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200203-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ