眞帆志ぶきさん死去、首席入団の元宝塚トップスター

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 元宝塚歌劇団雪組トップスターの眞帆志ぶき(まほ・しぶき、本名・名和富美子=なわ・ふみこ)さんが9日、肺炎で死去した。87歳だった。告別式は14日午前10時、東京都品川区西五反田5の32の20桐ヶ谷斎場。喪主は妹の富岡久仁子さん。

 川崎市出身。1952年に宝塚歌劇団39期生として首席入団。同期には朝丘雪路さんらがいた。62年に雪組トップスターに就任。愛称は「スータン」。歌、ダンス、演技と三拍子そろったスターとして絶大な人気を博した。67年の「シャンゴ」や71年のラテンショー「ノバ・ボサ・ノバ」では、ダイナミックな踊りで観客を酔わせ、同年にはNHK紅白歌合戦に出演した。

 75年の退団後は劇団四季の公演やOG公演などに出演。2014年にオープンした歴代トップスターや演出家らを顕彰する展示施設「宝塚歌劇の殿堂」で、殿堂入りのメンバーに選ばれた。5年前に大腸がんの手術をしたが、回復。先月末に体調を崩したという。

無断転載・複製を禁じます
1100374 0 エンタメ・文化 2020/03/10 19:47:00 2020/03/10 19:47:00 2020/03/10 19:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ