音楽や演劇、お笑いの中止・延期は1550件…損害450億円

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 コンサートプロモーターズ協会などエンターテインメント関連4団体は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でイベントを中止、延期したことによる業界の損害額が推計で約450億円に上ると明らかにした。

[深層NEWS]中国のゼロコロナ、「習主席は打ち出した政策を下ろすことができない」

 同協会の会員社などへの調査によると、2月以降3月末までの自主的判断による音楽や演劇、お笑いなどの中止、延期公演数は、1550で、損害額の推計は約450億円。2018年のライブ・エンターテインメント市場規模は5862億円で、約1か月分を失う計算になるという。

 4団体は国に対し、社会保障費や住民税、法人税などの一時的減免措置、公共施設の会場使用料の減免措置など、経済的支援を求めている。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
1116769 0 エンタメ・文化 2020/03/19 11:33:00 2020/03/19 11:33:00 2020/03/19 11:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)