読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「まさか自分が…」宮藤官九郎さんも感染判明「落ち込み、泣く体力はある」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 テレビドラマ「あまちゃん」の脚本を手がけた劇作家・演出家の宮藤官九郎さん(49)が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。所属する劇団「大人計画」がホームページで発表した。

宮藤官九郎さん
宮藤官九郎さん

 宮藤さんは腎盂(じんう)炎の治療をしていたところ、3月31日夜に感染が判明。発熱があるという。宮藤さんは演出する舞台「もうがまんできない」の開幕を控えていた。

 宮藤さんは「まさか自分が、と過信してしまいました。罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです。幸い、落ち込んだり、泣いたりする体力はあるし、肺炎や風邪の症状も今はありません。少しでも早く、元気な姿をお見せ出来るよう、治療に専念します」とコメントしている。

無断転載・複製を禁じます
1141092 0 エンタメ・文化 2020/03/31 23:02:00 2020/04/01 12:57:46 2020/04/01 12:57:46 映画「パンク侍 斬られて候」。(左から)主演の綾野剛さん、石井岳龍監督、脚本の宮藤官九郎さん。東京都港区で。2018年6月11日撮影。同月20日夕刊「次回の[ALL ABOUT]」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200331-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)