映画プロデューサーの伊地智啓氏が死去…「セーラー服と機関銃」「あぶない刑事」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 映画プロデューサーの伊地智啓(いじち・けい)氏が2日、膵臓すいぞうがんで死去した。84歳だった。

 告別式は近親者で済ませた。喪主は妻、順子さん。

 兵庫県出身。日活でプロデューサーとして活躍。退社後は、長谷川和彦監督の「太陽を盗んだ男」や、「セーラー服と機関銃」「お引越し」など相米慎二監督の作品を多数手がけた。テレビ、映画の「あぶない刑事」シリーズの製作にもたずさわった。2005年、日本アカデミー賞の協会特別賞を受賞。

無断転載・複製を禁じます
1153337 0 エンタメ・文化 2020/04/07 22:48:00 2020/04/07 22:48:00 2020/04/07 22:48:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ