読売新聞オンライン

メニュー

富川アナ感染「報ステ」通常通り放送へ、代わりのアナ「検討中」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

富川悠太アナウンサー
富川悠太アナウンサー

 テレビ朝日は12日、「報道ステーション」のキャスター・富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染が明らかになるまでの経緯などを発表した。

 同局によると、富川アナは在宅勤務だった3日と休日の4日、ともに朝の検温で38度の発熱があったが、すぐに平熱に戻った。5日も平熱だったため、6日から普段通りに出勤。ところが7日の番組出演中にたんが絡む症状が表れ、その後、階段を上る際に息苦しさを感じるようになったという。番組には9日まで出演したが、10日も症状が続いたため都内の病院に入院。すると肺炎の症状が認められ、11日に受けたPCR検査で陽性と判明した。

 富川アナは現在、平熱に戻ったが、息苦しさは続いているという。また、共にキャスターを務めるフリーの徳永有美アナや番組スタッフらの体調に、今のところ異常はないという。

 同局は、通常通り同番組を放送する方針で、出演するアナウンサーについては「検討中」としている。

無断転載・複製を禁じます
1161765 0 エンタメ・文化 2020/04/12 12:14:00 2020/04/13 14:54:57 2020/04/13 14:54:57 テレビ朝日「報道ステーション」のキャスターを務めることになった富川悠太アナウンサー。東京都港区のテレビ朝日で。2016年3月8日撮影。同年4月4日夕刊[ニュースの「顔」 夜の戦いに挑む 4月改編 抱負語る その1]掲載。富川悠太(とみかわ・ゆうた) 1999年、テレビ朝日入社。「報道ステーション」リポーター、「報道ステーションSUNDAY」キャスター。39歳。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200412-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)