岡江久美子さん死去、がん闘病で放射線治療も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岡江久美子さん
岡江久美子さん

 朝の情報番組「はなまるマーケット」の司会などで親しまれた女優の岡江久美子(おかえ・くみこ、本名・大和田久美子=おおわだ・くみこ)さんが23日午前5時20分、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で死去した。63歳だった。告別式は未定で、後日、お別れの会を開く予定という。

 所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱。様子を見るように言われ、自宅で療養していたが、6日朝に容体が急変し、東京都内の大学病院に入院した。集中治療室(ICU)で人工呼吸器を装着するなどして治療を続け、その後、PCR検査で新型コロナウイルスの感染が判明していた。

 岡江さんは昨年末、初期の乳がんで手術し、今年1月末から2月半ばまで放射線治療を行った。所属事務所では、「免疫力が低下していた」としている。

 東京都出身。1975年にドラマでデビューし、その後、NHKのクイズ番組「連想ゲーム」に出演。ドラマ「天までとどけ」シリーズで母親役を務めたほか、タレントの薬丸裕英さんとともに「はなまるマーケット」(TBS系)の司会を1996年から約18年間務め、知性を感じさせる朗らかな人柄で愛された。

 夫の大和田獏さんと長女の美帆さんはともに俳優。外出を自粛し、現在は症状が出ていないという。「今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気をつけください」と、連名でコメントを発表した。

 大野真司がん研有明病院(東京都江東区)乳腺センター長は、「早期の乳がん手術後に行う放射線治療が、新型コロナウイルス感染症の重症化を招くという科学的根拠は現時点ではなく、考えにくい」と指摘、「不安な乳がん患者は、治療を勝手に中断せず、まずは主治医に相談してほしい」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1182859 0 エンタメ・文化 2020/04/23 19:43:00 2020/04/24 12:56:21 2020/04/24 12:56:21 女優・岡江久美子さん。インタビュー写真。15周年を迎えるTBS系の「はなまるマーケット」の司会。東京・港区のTBSテレビで。2011年9月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200423-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ