太宰の孫・石原燃さん、デビュー小説で芥川賞候補に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

石原燃さん(c)篠田英美
石原燃さん(c)篠田英美

 第163回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が発表された。芥川賞では、2016年に死去した作家、津島佑子さんの長女で、太宰治の孫にあたる石原燃さん(48)のデビュー小説「赤い砂を蹴る」(文学界6月号)が初めて候補入りした。石原さんは、劇作家として活動し、津島さんの作品集に解説も寄せている。両賞の選考は、7月15日。そのほか、両賞の候補作は、以下の通り(敬称略)。

 芥川賞=岡本学(47)「アウア・エイジ(Our Age)」(群像2月号)▽高山羽根子(45)「首里の馬」(新潮3月号)▽遠野遥(28)「破局」(文芸夏季号)▽三木三奈(29)「アキちゃん」(文学界5月号)

 直木賞=伊吹有喜(51)「雲を紡ぐ」(文芸春秋)▽今村翔吾(35)「じんかん」(講談社)▽澤田瞳子(42)「能楽ものがたり 稚児桜」(淡交社)▽遠田潤子(54)「銀花の蔵」(新潮社)▽馳星周(55)「少年と犬」(文芸春秋)

無断転載・複製を禁じます
1279526 0 エンタメ・文化 2020/06/16 05:01:00 2020/06/16 14:24:55 2020/06/16 14:24:55 石原燃さん(c)篠田英美 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200616-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ