「出演者と誓約書、言動の強要ない」…女子レスラー死亡でフジテレビ説明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(22)が亡くなったことを受け、番組を制作するフジテレビの大多亮常務は3日の同局定例記者会見で、出演者らと誓約書を結んでいたことを明らかにし、「出演者の言動について強要することはない。演出に関しては無理強いはない」と述べた。

 木村さんは、番組内での行動についてインターネット上で中傷されたことを苦に、自殺したとみられている。スタッフが木村さんに、他の出演者をビンタするように求めた演出があったのではないかとの指摘があることについて、大多常務は「そのような事実は出てきていない。感情表現をねじまげる指示は出していない」と否定した。

 誓約書には、収録スケジュールや撮影方針(演出・編集を含む)に関して、制作者の指示に従うとの趣旨が盛り込まれていたという。同局は、今回の事態を検証中で、まとまり次第、結果を公表する方針だ。

無断転載・複製を禁じます
1318569 0 エンタメ・文化 2020/07/03 21:43:00 2020/07/03 22:41:45 2020/07/03 22:41:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ