読売新聞オンライン

メニュー

第1稿「絶対変えないぞ」と集中、舞台は幕末の奥州街道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「流人道中記」浅田次郎さんインタビュー<上>

 読売新聞朝刊で連載され、単行本化された浅田次郎さん(68)の小説「流人道中記」(上下巻、中央公論新社)は、20万部超えのベストセラーとなっている。舞台は幕末の奥州街道。今回、浅田さんが電話インタビューに応じ、東北地方に対する思いと創作秘話を語った。

浅田次郎さん(2018年6月14日撮影)
浅田次郎さん(2018年6月14日撮影)

 ――新聞連載ならではの面白さ、こだわりとは。

 毎日読む読者のために、毎回、読みどころを作りました。いい一行があれば、それでよし。長めに書いておいて、後で紙幅に合わせて切ることはしません。第1稿は「絶対変えないぞ」という気持ちで集中して書きました。読み比べればわかりますが、単行本ではほとんど直していません。お手本は同じく新聞連載だった吉川英治さんの「宮本武蔵」。文章の呼吸を参考にしました。

 ――なぜ、幕末の奥州街道を舞台にしたのですか。

 奥州街道には、ロマンチックな未知の世界に飛び込んでいくイメージがありました。大名預かりという珍しい刑罰の設定上、幕府から優遇されていた松前藩を目的地にすることが都合良かった。あと僕は、時代小説は幕末以降しか書かないと決めています。それ以前の時代は、僕らとは感覚が違う。うその話を書いているけれども、小説家としての責任を負う上で、わからないものは書けません。

 ――東北各地にも取材で足を運んだそうですね。

 現地に行って、そこの風を感じることは有効です。物語は自由闊達かったつであるものと考えるので、取材ノートは作りませんが、植生だけはきちんと観察してメモを取ります。木や草花、山の姿は当時とほとんど変わっていませんから。例えば、青森での渡し船の場面に白鳥が出てきますが、実際に白鳥がいて、えさをついばんでいたんですよ。

 ――印象に残った場所はありますか。

 それぞれありますが、福島にしても、盛岡にしても、割と変わっていなくて、当時の町のたたずまいが想像できます。唯一、大きく変わっているのが仙台。資料を読んでから歩くとうっすらと感じられるぐらい。国分町に、玄蕃たちが滞在した外人屋(迎賓館)があったことは、仙台の人もきっと知らないでしょうね。

 ――物語では、通過する宿場町と長く滞在する宿場町があります。

 物理的な問題なんですよ。ほかの連載も抱えながら、隙間をぬって取材に出るわけで、体も衰えてきたのでそんなにたくさんは歩けません。ポイントで取材した場所を舞台にしたケースが多いですね。ただ、例外もあって、行っていないのに書いている話もあります。

 小説家として非常に面白く書けたと思うのが、芦野宿(栃木県)の話です。玄蕃と乙次郎は二晩も泊まりました。旅籠という小さな世界のなかで、どのくらいのドラマが展開できるのか、密室劇の面白さの可能性を追求しました。

 偶然の出会いがあり、悲喜劇があって、救われる人、犠牲になる人がいる。旅籠という小世界で繰り広げられる舞台劇を頭の中で想定していました。こういうストーリーを書くときは、見たことがない場所がいいと思い、実際、取材には行きませんでした。

 芦野の人が読んだら「こんな場所じゃないよ」と思うかもしれません。この芦野宿は僕の頭の中にある架空の宿場なんです。でもきれいに書けたと思います。

(聞き手・東北総局 川床弥生)

【あらすじ】 幕末、 姦通(かんつう) の罪による切腹を拒み、代わりに蝦夷・松前藩への「大名預かり」が決まった旗本・青山玄蕃(35)と押送人の見習与力・石川乙次郎(19)が、江戸から青森・ 三厩(みんまや) まで、ひと月近くかけて奥州街道を旅する道中記。各宿場町で、様々な事情を抱える人々とのかかわりが描かれた。
無断転載・複製を禁じます
1337938 0 エンタメ・文化 2020/07/15 10:00:00 2020/07/16 10:06:25 2020/07/16 10:06:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200703-OYT8I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)