トルコ、世界遺産の「博物館」をモスクに位置付け…欧米反発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イスタンブールのアヤソフィア前で10日、「モスク化」の決定に喜ぶ人々(酒井圭吾撮影)
イスタンブールのアヤソフィア前で10日、「モスク化」の決定に喜ぶ人々(酒井圭吾撮影)

 【イスタンブール=酒井圭吾】トルコのタイップ・エルドアン大統領は10日、イスタンブールの世界遺産で、博物館として使用している歴史的建造物「アヤソフィア」をイスラム教のモスク(礼拝所)として位置付ける大統領令に署名した。24日から礼拝が始まる予定で、欧米などの反発を招いている。

 アヤソフィアは、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)が537年にギリシャ正教の大聖堂として建設した。オスマン帝国が1453年の征服後にモスクに改修したが、1923年に政教分離を国是とするトルコ共和国が建国されると、無宗教の博物館に変更された。イスラム教の尖塔せんとう(ミナレット)やキリスト教のモザイク画などが混在し、アヤソフィアを含むイスタンブールの歴史地区は世界遺産に登録されている。

 大統領令の署名に先立ち、行政最高裁判所は10日、モスクを無宗教の博物館と定めた34年の閣議決定を違法と判断した。イスラム教を重視するエルドアン氏は署名後、「86年の時を経て、アヤソフィアはモスクの地位を取り戻した」との声明を出した。

 ギリシャのキリヤコス・ミツォタキス首相は10日、「決定はギリシャだけではなく、欧州各国との関係を悪化させる」との声明を発表した。米国や欧州連合(EU)も遺憾の意を表明し、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)は世界遺産の指定見直しを示唆した。

無断転載・複製を禁じます
1335518 0 エンタメ・文化 2020/07/11 13:02:00 2020/07/11 13:02:00 2020/07/11 13:02:00 イスタンブールのアヤソフィア前で10日、「モスク化」決定に喜ぶエルドアン大統領支持者ら(酒井圭吾撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200711-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ