読売新聞オンライン

メニュー

アイヌ文化復興拠点「ウポポイ」で開業記念式典…菅長官「共生に共感を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アイヌ古式舞踊が披露されたウポポイの開業記念式典(11日、白老町で)=松本拓也撮影
アイヌ古式舞踊が披露されたウポポイの開業記念式典(11日、白老町で)=松本拓也撮影

 先住民族アイヌの文化復興の拠点として、12日にオープンする北海道白老町の国立施設「ウポポイ(民族共生象徴空間)」で11日、記念式典が開かれた。当初は4月24日の開業予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた。

 菅官房長官、萩生田文部科学相ら主催者代表のほか、鈴木直道・北海道知事や北海道アイヌ協会の加藤忠常務理事ら約160人が出席。菅氏は「多くの人がアイヌ文化の素晴らしさを体験し、民族共生の理念に共感してほしい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1335656 0 エンタメ・文化 2020/07/11 15:48:00 2020/07/11 18:28:40 2020/07/11 18:28:40 アイヌ古式舞踊が披露されたウポポイの開業記念式典(11日午後2時35分、白老町で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200711-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)