井上芳雄が長年抱いてきた夢…「コロナ禍の今こそ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

■STORY 井上芳雄<3>

読売新聞文化部 小間井藍子

「利害超えたつながり」足がかりに

 「日本版トニー賞を作りたい!」。井上が長年抱いてきた夢。トニー賞は米演劇界で最高の栄誉とされ、第2次世界大戦後、元気がなかったブロードウェーを盛り上げようと1947年に創設された。同賞のWOWOWの中継番組に2014年から出演してきたことも思いを後押しした。「コロナで日本の演劇界も大きな打撃を受けている今、さらにその気持ちが強まった」と語る。

 コロナ禍をきっかけに80以上の制作団体からなる「緊急事態舞台芸術ネットワーク」が発足したことも好機ととらえる。「利害を超えたつながりが出来た。この流れを生かせたら」

リモート座談会で構想

 6月には、ビデオ会議システムで実現に向けてのリモート座談会を行い、ユーチューブで配信した=写真、左上が井上=。これは、井上が賛同する「舞台芸術を未来につなぐ基金」(みらい基金)発の配信プログラムだ。みらい基金は、一般から寄付を募り、活動停止を余儀なくされた演劇人たちに今後の活動に必要な資金を助成する。視聴者が楽しみながら学べる配信プログラムの一つに井上もボランティアで参加したのだ。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

<お知らせ>井上さんの記事集発行へ

 読売新聞は、井上芳雄さんに関わる記事を一冊にまとめた「読売新聞が報じた井上芳雄の20年」を8月下旬に発行します。インタビュー記事、出演作品の公演評など、約200本の記事を収録する予定です。

 価格は、2000円(税込み)。先行予約を、井上さんのオフィシャルファンクラブで20日まで受け付け。販売方法は後日、お知らせします。読売新聞オンライン「よみぽランド」のページで、プレゼント企画も実施します。

無断転載・複製を禁じます
1350168 0 エンタメ・文化 2020/07/19 05:30:00 2020/07/19 05:30:00 2020/07/19 05:30:00 ビデオ会議システムを使った座談会で笑顔を見せる井上芳雄(写真左上)ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200717-OYT8I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ