読売新聞オンライン

メニュー

出品絵画「CDジャケット写真に酷似」、日本美術院理事の東京芸大名誉教授を謹慎処分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本美術院(田渕俊夫理事長)が、日本画家で同院理事の宮廻みやさこ正明・東京芸術大名誉教授を1年以上の謹慎処分としたことが19日、わかった。

 同院によると、今月17日から横浜市のそごう美術館で開かれている「第75回 春の院展」に、宮廻氏が出品した絵画「銀河鉄道」が、日本のロックバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のCDのジャケット写真に似ているとの指摘が同美術館にあったという。

 宮廻氏は、自身のホームページを通じて、「(写真家と)連絡が取れないまま現在に至っていました。多くの方々に多大なご迷惑をおかけしてしまう結果となり、心よりおび申し上げます」と謝罪している。

無断転載・複製を禁じます
1352469 0 エンタメ・文化 2020/07/19 22:48:00 2020/07/19 23:33:28 2020/07/19 23:33:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)