読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

映画館で上映か、配信か…一石を投じる異例の「こういう形」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスが、映画の公開の在り方にも影響を及ぼしている。行定勲監督の新作「劇場」が、17日の劇場公開と同時に、Amazonプライム・ビデオで配信されるという異例の事態になった。「巣ごもり」中に需要が高まった動画配信サービスの勢いを示すとともに、映画とは何かと問いかけている。(田中誠)

外出自粛で映画館に行けない…公開中に動画配信

 外出自粛要請、緊急事態宣言の発令に伴って、映画館が営業を休止したことを受け、4月から新作映画の配信の動きが相次いだ。

「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」(公開中)
「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」(公開中)

 福島第一原発の作業員の奮闘を描いた「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」は、感染拡大防止と「見たくても見に行けない」という観客の声に応え、4月17日~5月14日の期間限定で配信を実施。

 他にも、「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」などのドキュメンタリーが、公開中に配信を始めた。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1364273 0 エンタメ・文化 2020/07/25 09:04:00 2020/07/26 08:02:19 2020/07/26 08:02:19 「劇場」(公開中、Amazonプライム・ビデオで配信中) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200721-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)