The show must go on…舞台に帰ってきた井上芳雄

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

■STORY 井上芳雄<4>

読売新聞文化部 小間井藍子

劇場再開、観客に力をもらって

 「本当にお客さんいるのかな」。幕開き直前になっても不安に押し潰されそうだった。スポットライトが当たり、顔を上げた瞬間、マスクを着けた観客たちが見えて、感慨がこみ上げた。「僕は舞台俳優だ」。いつもの「井上芳雄」が戻ってきた。

(C)東宝演劇部
(C)東宝演劇部

 ♪The show must go on――。

 クイーンの名曲のサビで幕を開けたショー「SHOW―ISMS」(東京・日比谷のシアタークリエ。井上は25日まで出演)の初日。昔から歌い続けてきた歌詞が心にしみる。「今までは単純に『ショーは続けなくてはならない』という意味で歌ってきた。今はそうじゃない。エンタメを中断せざるを得ないときだってあるけど、何度でも(よみがえ)り続けるんだと」

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

<お知らせ>井上さんの記事集発行へ

 読売新聞は、井上芳雄さんに関わる記事を一冊にまとめた「読売新聞が報じた井上芳雄の20年」を8月下旬に発行します。インタビュー記事、出演作品の公演評など、約200本の記事を収録する予定です。価格は、2000円(税込み)。

無断転載・複製を禁じます
1360073 0 エンタメ・文化 2020/07/25 05:30:00 2020/07/25 05:30:00 2020/07/25 05:30:00 マルシー東宝演劇部 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200722-OYT8I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ