「曽根崎心中」にも登場、江戸期の墓地から人骨1500体超…猫の骨つぼも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1500体以上の人骨が出土した「梅田墓」の発掘現場(大阪市北区で)=原田拓未撮影
1500体以上の人骨が出土した「梅田墓」の発掘現場(大阪市北区で)=原田拓未撮影

 大阪市教育委員会は13日、JR大阪駅北側の再開発区域「うめきた2期」で、梅田墓うめだはか大深町おおふかちょう遺跡)を発掘し、1500体以上の人骨が出土したと発表した。江戸期の墓地の大規模な発掘は全国的にも珍しく、これほどの数の人骨がまとまって出土するのも異例だ。

 うめきた2期の工事に伴い、昨年9月下旬から約2400平方メートルを調査。うち約1500平方メートルは1800年代初期から1890年頃までの墓地で、複数をまとめて埋葬した竪穴が多くあり、疫病などで同時期に死去したと考えられる。納骨堂の可能性がある建物跡や、キセルや金貨などの副葬品、猫の骨を納めた骨つぼなども見つかった。

 調査区域に接する西側と南側の約700平方メートルを2016、17年度に調査した際は、約280平方メートルから200体以上の土葬された人骨などが出土。前回と今回の調査により、墓地が少なくとも約1800平方メートルはあったことが分かった。

 うめきた2期のエリアには、JRの新駅や都市公園などが整備される。

 狭川真一・大阪大谷大教授(考古学)の話「一つの穴の中に複数体を埋葬するなど、人口の多い大都市特有の事情がうかがえる。出土品を分析することで、記録には残らない庶民の生活環境が見えてくるだろう」

 ◆梅田墓=江戸時代初期に設けられ、1680年代に現在の場所付近に移転、明治時代まで使われた。近松門左衛門の「曽根崎心中」にも登場する。

無断転載・複製を禁じます
1408588 0 エンタメ・文化 2020/08/13 23:56:00 2020/08/14 09:18:38 2020/08/14 09:18:38 グランフロント大阪(奥)など梅田のビル群に隣接する「うめきた」2期地区工事エリア内で行われている「梅田墓」の発掘現場(12日午前10時17分、大阪市北区大深町で)=原田拓未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200813-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ