Official髭男dism 改名の危機あった(ロング版インタビュー)<3>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ところで、Official髭男dism(ヒゲダン)という独特なセンスのバンド名は、どのようにして付けられたのでしょうか。「公式」「 (ひげ) 」「 ()() 好み」という意味の言葉の組み合わせに、初めてその名を耳にした時、多くの人が頭の中に「?」マークを浮かべてきたことでしょう。その経緯について、率直に尋ねてみました。(読売新聞文化部 鶴田裕介)

※この記事は、読売新聞朝刊「週刊エンタメ」面で8月1日から4週連続掲載中の「STORY」第3回目インタビューの拡大版です。

Q そもそも、Official髭男dismというバンド名は、結成時からのものでしょうか。

ベース、楢崎誠さん(以下、楢崎) そうですね、最初からヒゲダンでしたね。

ボーカル、ピアノ、藤原聡さん(以下、藤原)(名付けたのは)楢崎さんです。

ドラムス、松浦匡希さん(以下、松浦) 僕らも考えたんですが、正直、僕からは一案も出ず。楢ちゃんが、一発目だったっけな、すぐ、書き始めたんですよ。それが「Official髭男dism」でしたね。

東京・日本武道館で演奏するOfficial髭男dismの松浦 Photo by TAKAHIRO TAKINAMI
東京・日本武道館で演奏するOfficial髭男dismの松浦 Photo by TAKAHIRO TAKINAMI

Q 失礼ですが、なかなか類を見ない言葉の並びだと思います。

松浦 楢ちゃんは造語を作るのが大好きなんで、何かを挟みたかったらしいです。英語、漢字、英語、みたいな。ぱっと見た時に覚えられて、違和感がある、といったものを狙ったって言っていますけど、多分、後付けです。直感ですね。(僕は)不安でしたよ。

藤原 すごいワード出てきたな、という感じでした。ただ、初ライブも迫っていたので、じゃあ、とりあえずそれでいくか、みたいな。ノリもあったと思いますし、語感は結構好きでした。

Q 確かに、一度聞いたら忘れないバンド名であることは間違いないですね。

松浦 ライブ終わったあとに言われますけどね。「もっとおじさんみたいな人が出てくるかと思いました」って。「誰もヒゲ生えとらんやん」みたいな。そういうツッコミどころがあるのは、いい気がします。

Q 一度も改名しようという声が上がることなく、今に至るんですか。

残り:1697文字/全文:2733文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1410067 0 エンタメ・文化 2020/08/15 05:00:00 2020/08/15 05:06:09 2020/08/15 05:06:09 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200814-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ