俳優の渡哲也さん死去、78歳…ドラマ「西部警察」などで活躍

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

渡哲也さん
渡哲也さん

 ダンディーな演技で数々のアクション映画やドラマで活躍し、「石原軍団」を率いた俳優、渡哲也(わたり・てつや=本名、渡瀬道彦=わたせ・みちひこ)さんが10日、肺炎で東京都内の病院で死去した。78歳だった。告別式は近親者で済ませた。

ドラマ「西部警察」(テレビ朝日)に出演した渡哲也さん
ドラマ「西部警察」(テレビ朝日)に出演した渡哲也さん

 兵庫県出身。1964年に日活に入社、「第二の石原裕次郎」と大々的に売り出され、翌年、映画「あばれ騎士道」でデビュー。「東京流れ者」や「無頼」シリーズなど、学生時代に打ち込んだ空手の腕前も生かし、新時代のアクション映画のスターとして活躍した。

 71年に、石原裕次郎さんが設立した石原プロモーションに移籍。深作欣二監督の「仁義の墓場」や「やくざの墓場 くちなしの花」などのヤクザ映画で評価を高めた。70年代後半からは「大都会」シリーズなどの刑事ドラマで人気を集めた。石原プロが制作した「西部警察」では、角刈りにサングラス姿でショットガンを放つ大門刑事を演じ、評判を呼んだ。

 歌手としても活躍し、73年発売の「くちなしの花」が約90万枚を売り上げるヒット。全日本有線放送大賞金賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも出場した。

 87年に石原さんが亡くなった後、石原プロの社長に就任。舘ひろしさん(70)、神田正輝さん(69)ら、「石原軍団」と呼ばれる個性的な所属俳優を率いた。

 91年に直腸がんで手術を受けたが、その後もNHK大河ドラマ「秀吉」、映画「誘拐」「時雨の記」、テレビドラマ「熟年離婚」などに出演。こわもての刑事役から、篤実な人柄がにじみ出る上司や父親役まで、年齢とともに円熟味を増しながら幅広く演じ続けた。

 慈善活動にも積極的で、小児がん撲滅に力を注ぎ、「石原軍団」を率いて東日本大震災などの被災地で炊き出しを行った。2005年に紫綬褒章、13年に旭日小綬章。弟は17年に死去した俳優、渡瀬恒彦さん。

 15年に急性心筋梗塞こうそくで入院した後は表舞台から遠ざかっていた。近年は肺気腫で自宅療養しており、昨年の石原さんの三十三回忌法要にも姿を見せなかった。先月、石原プロは来年1月に芸能事務所としての業務を終了することを発表していた。

無断転載・複製を禁じます
1410752 0 エンタメ・文化 2020/08/14 19:50:00 2020/08/14 23:43:35 2020/08/14 23:43:35 旭日小綬章を受章した、俳優の渡哲也さん(71)は「私ごときに、思っていなかったこのような栄誉を賜り、驚きと同時に光栄なことだと思っております」とするコメントを出した。1965年に日活映画でデビュー以来、映画やテレビドラマ、CMで幅広く活躍。「お力添えくださった皆様のお陰」と感謝した。※使用写真は「西武警察2003」のロケ中に事故を起こし観客をけがさせたことにつき、名古屋市内のホテルで謝罪とドラマ放映中止を発表した際の渡哲也・石原プロモーション社長。2003年8月13日撮影。2013年11月3日朝刊(秋の叙勲 喜びの声)掲載  https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200814-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ