読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナで注目、あの妖怪「アマビエ」が新作能に…外出自粛を利用して創作

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 コロナ禍で注目を浴びる疫病封じの妖怪「アマビエ」が新作能になり、18日、兵庫県西宮市の西宮能楽堂で初稽古があった。関西の能楽師が外出自粛期間を利用して創作。9月に、子ども向けの教材として無観客公演を動画配信する計画だ。

 能楽大倉流小鼓方の上田敦史さん(47)が台本を作成。この日は能楽師の大槻裕一さん(22)らが、主役のアマビエとして装束を着て舞台に立ち、囃子はやし地謡じうたいらと動きを確認した。

初稽古でアマビエにふんして舞う大槻裕一さん(18日、兵庫県西宮市で)=枡田直也撮影
初稽古でアマビエにふんして舞う大槻裕一さん(18日、兵庫県西宮市で)=枡田直也撮影
能装束の参考にされたアマビエの瓦版=京都大学付属図書館所蔵
能装束の参考にされたアマビエの瓦版=京都大学付属図書館所蔵

 装束は、アマビエが月に照らされて輝く様子をイメージした黄色の水衣や、金箔きんぱくうろこ模様が入った豪華な着物。いずれも能面は金色の目が光る女面で、長い黒髪が垂れ、怪しさや神聖さを醸し出した。

 江戸時代、アマビエは肥後(熊本県)の海に現れ、「病がはやった時は、私を写し、人々に見せよ」と言い残して海中に消えたとされる。新作能では、現代の役人が、夢で見たアマビエのお告げ通りに姿を描き写すと、疫病が退散。感謝の音楽をささげたところ、アマビエが姿を現し、舞を披露するという筋書きになっている。

 上田さんは「舞台があると新作を作る暇がなく、自粛生活は悪いことだけではなかった。苦難も心を一つにすれば乗り越えられるという前向きなメッセージを届けたい」と話す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1418230 0 エンタメ・文化 2020/08/18 21:24:00 2020/08/18 22:39:23 2020/08/18 22:39:23 稽古が行われた新作能「アマビエ」(18日午後5時12分、兵庫県西宮市で)=枡田直也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200818-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)