読売新聞オンライン

メニュー

評論家・劇作家の山崎正和さん死去、86歳…文化勲章を受章

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 歴史や文明への深い洞察に基づく、優れた評論や戯曲を発表した評論家・劇作家で、文化勲章受章者の山崎正和(やまざき・まさかず)さんが19日午前3時2分、悪性中皮腫のため、亡くなった。86歳だった。告別式は近親者で済ませた。

 京都市出身。京都大大学院在学中から劇作に取り組み、1963年に「世阿彌ぜあみ」で岸田國士くにお戯曲賞(当時・新劇岸田戯曲賞)を受賞。その後、文芸・社会評論や文明論を展開し、73年に「鴎外 闘う家長」が読売文学賞(評論・伝記賞)。脱産業化社会で、時間の消費や社交を楽しむ大切さを説いた84年の「柔らかい個人主義の誕生」は吉野作造賞に選ばれた。

 85年には、ギリシャ悲劇を題材にした「オイディプス昇天」で2度目の読売文学賞(戯曲賞)を受賞した。

 大阪大などの教壇に立つ傍ら、学芸賞や地域文化賞などを運営するサントリー文化財団(大阪市)に、79年の創設時から関わった。学識を請われ、政治、外交、教育などの分野で、歴代首相らの諮問機関メンバーを務め、中央教育審議会会長などを歴任。読売新聞社調査研究本部客員研究員として長年、時事コラム「地球を読む」を執筆。本紙と出版業界などでつくる活字文化推進会議委員長も務めた。

 99年に紫綬褒章、2006年に文化功労者。11年に戯曲・評論の業績に対して日本芸術院賞・恩賜賞、18年に文化勲章を受けた。日本芸術院会員。

 今年6月に体調を崩し、入退院を繰り返していた。

無断転載・複製を禁じます
1424928 0 エンタメ・文化 2020/08/21 14:47:00 2020/08/21 21:57:36 2020/08/21 21:57:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)