金魚3万匹、光や音と競演…アートアクアリウム美術館

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オープンを前に内覧会が行われた「アートアクアリウム美術館」(27日午前、東京都中央区で)=池谷美帆撮影
オープンを前に内覧会が行われた「アートアクアリウム美術館」(27日午前、東京都中央区で)=池谷美帆撮影

 巨大な鉢の中を泳ぐ約3万匹の金魚たちを幻想的な光や音の演出とともに鑑賞できる「アートアクアリウム美術館」が東京・日本橋に開館するのを前に、展示の内容が27日、報道陣に公開された。

 会場は六つのエリアに分かれ、江戸時代の花街を表現した「浮世」エリアでは、最大で直径2メートルの巨大な金魚鉢の作品「花魁おいらん」が16個並び、赤や緑などきらびやかにライトアップされている。高さ2メートルの円柱の水槽が立ち並ぶ「金魚のもり」では、森の中で泳ぐ金魚をイメージした3D映像が流され、2階から見下ろすことができる。

 28日開館。アートアクアリウムは毎年夏、都内で期間を限定して開催されるなどしてきたが、同美術館の開館で常設展示となる。入場料は中学生以上2300円など。

無断転載・複製を禁じます
1436328 0 エンタメ・文化 2020/08/27 11:58:00 2020/08/27 16:26:08 2020/08/27 16:26:08 オープンを前に内覧会が行われた「アートアクアリウム美術館」(27日午前9時59分、東京都中央区で)=池谷美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200827-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ