司会者・俳優の岸部四郎さん死去、71歳…GS「タイガース」メンバーとしてデビュー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岸部四郎さん
岸部四郎さん

 グループサウンズ、タイガースのメンバーとしてデビューし、その後、司会者や俳優として活躍した岸部四郎(きしべ・しろう)さんが8月28日に急性心不全で亡くなっていたことが分かった。71歳だった。

 京都市出身。兄は、俳優の岸部一徳さん。一徳さんが参加していたタイガースに1969年加入。沢田研二さんらと人気ナンバーワンのグループで活躍した。

 71年のタイガース解散後は俳優に転じ、78年に沙悟浄を演じたテレビドラマ「西遊記」が人気を博した。またワイドショー「ルックルックこんにちは」の司会を務めた。98年に借金問題が明らかになり番組を降板。その後、脳出血で入院し、パーキンソン病も患い、表舞台から遠ざかっていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
1478445 0 エンタメ・文化 2020/09/15 14:02:00 2020/09/15 22:47:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200915-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)