読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

香取慎吾さん演じる主人公、観光大使に「埼玉県の魅力をのぞき見しませんかっ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県は、ネット通販大手「アマゾンジャパン」の有料会員サービス「アマゾンプライム・ビデオ」で18日から配信中のドラマシリーズ「誰かが、見ている」で、元SMAPメンバーの香取慎吾さんが演じる主人公・舎人とねり真一を、「バーチャル観光大使」に任命した。

 「誰かが、見ている」は、三谷幸喜さんが脚本、演出を担当するコメディー作品で、舎人の私生活が壁の穴に仕掛けられたカメラで世界中に動画配信され、人気者になるという内容。舎人が和光市在住という設定のため、県が大使に任命した。

 観光サイト「ちょこたび埼玉」で県が公開しているバーチャル観光動画をPRするほか、県とのポスター=写真、県提供=を東武鉄道や埼玉高速鉄道の駅に掲示する。

 舎人は「僕と一緒に、埼玉県の魅力をのぞき見してみませんかっ?」とコメントしている。

無断転載・複製を禁じます
1500098 0 エンタメ・文化 2020/09/25 09:38:00 2020/09/25 12:07:31 2020/09/25 12:07:31 駅などに掲示されるポスター=県提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200924-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)