半沢直樹と大和田の対面シーン、瞬間最高視聴率35・8%

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

堺雅人さん
堺雅人さん

 TBS系で27日に放送された連続ドラマ「半沢直樹」の最終回の平均視聴率が32・7%(関東地区)だったことが28日、ビデオリサーチ社の調べで分かった。ドラマで30%を超えるのは、平成以降でトップの42・2%だった前作最終回(2013年放送)の記録以来となる。瞬間最高視聴率は、頭取(北大路欣也さん)が去った後に半沢直樹(堺雅人さん)が大和田(香川照之さん)と対面する場面の35・8%だった。

 作家、池井戸潤さんの巨大銀行を舞台とする原作のドラマで、堺さん演じる主人公の行員、半沢が、行内や政府・与党の権力に立ち向かい、不正を暴いていくストーリー。「やられたらやり返す。倍返しだ!」という半沢の決めゼリフで知られる。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
1505982 0 エンタメ・文化 2020/09/28 10:56:00 2020/09/28 12:01:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200928-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)