読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国史跡の前方後円墳、6か所掘り返される…直径100センチの穴も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県苅田町教育委員会は28日、同町富久町の国指定史跡・石塚山古墳が6か所掘り返される被害に遭ったと発表した。県警行橋署は文化財保護法違反の疑いで捜査している。

 町教委によると、9日午前9時頃、管理のために古墳を訪れた町教委職員が、後円部の頂上付近に6か所の穴が掘られているのを見つけ、同署に通報。穴は直径10~100センチ、深さ10~25センチ。町教委は穴の形状などから、何者かが掘ったとみている。8日に町の委託を受けた作業員が草刈りを行っており、その時点で異常は確認されていなかったという。

 石塚山古墳は古墳時代前期に築造されたものとしては九州最大級の前方後円墳で、墳長約130メートル、後円部の長さは約70メートル。1985年に国史跡に指定された。町教委の担当者は「学術面でも観光面でも貴重な財産がこのような被害に遭い困惑している」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1507014 0 エンタメ・文化 2020/09/28 19:10:00 2020/09/28 23:04:51 2020/09/28 23:04:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)