「おしまいDEATH」「恩返し」…名言残した「半沢直樹」、最終回30%超え

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

主演の堺雅人さん(中央)の熱演も話題を集めたドラマ「半沢直樹」最終回の一場面
主演の堺雅人さん(中央)の熱演も話題を集めたドラマ「半沢直樹」最終回の一場面

 27日に放送されたTBS系連続ドラマ「半沢直樹」の最終回の平均視聴率(関東地区)が32・7%だったことが28日、ビデオリサーチ社の調べで分かった。初回から一貫して20%台を保ち、最終回はそれまで最高だった第8話から7・1ポイント伸びた。テレビドラマの30%超えは、2013年放送の前作「半沢直樹」の最終回の42・2%(同)以来。

 ドラマは、堺雅人さん演じる巨大銀行の行員、半沢直樹が理不尽な仕打ちに立ち向かう物語の続編。放送はコロナ禍で開始が4月から7月にずれ込み、感染予防の関係で第8話の放送が1週間延期されるなど難航した。一方、奮闘する医療従事者などに感謝の気持ちを表す意味で「施されたら施し返す。恩返しです」というセリフが急きょ脚本に盛り込まれるなど、社会状況を見極めた対応もあり、TBSの佐々木卓社長は「はね返す勢いが、よりすばらしい現場の雰囲気を作った」と話している。

 放送中はインターネットのSNS上でも、香川照之さん演じる大和田が半沢に言い放つ「おしまいDEATH!」などの“名言”に多くの視聴者が反応した。ツイッタージャパンによると、最終回の放送前(午後8時半)から午後10時までの関連のツイートは計43万件に達し、昨年のラグビーW杯日本大会の準々決勝・日本対南アフリカ戦の時の国内でのツイート数(40万件)に匹敵するという。担当者は「スポーツ中継でみられるような一緒に見ながら盛り上がる感じがあった」と話す。

 メディア文化評論家の碓井広義さんは「今作は現実社会を取り込んだドラマ作りが痛快で、半沢の姿にコロナ禍での閉塞へいそく感から解放された視聴者も多かったのでは。TBSは話題作りもうまかった」と分析する。

無断転載・複製を禁じます
1507692 0 エンタメ・文化 2020/09/29 05:00:00 2020/09/29 07:46:17 2020/09/29 07:46:17 「半沢直樹」最終回の一場面。堺雅人さん演じる半沢(中央)が政府・与党と対決する https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200929-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ