読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「職業作曲家」として実力発揮、平成以降もチャート1位…筒美京平さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「また逢う日まで」「ブルー・ライト・ヨコハマ」といった昭和歌謡から平成の「AMBITIOUS JAPAN!」まで、数々のヒット曲を手がけた作曲家の筒美京平(つつみ・きょうへい、本名・渡辺栄吉=わたなべ・えいきち)さんが7日、誤えん性肺炎で死去した。80歳だった。葬儀は近親者で済ませた。

亡くなった筒美京平さん
亡くなった筒美京平さん

 関係者によると、筒美さんはパーキンソン病を患っており、ここ数年、療養していた。体調の良い時には、創作活動に取りかかる意欲をみせていたという。

 東京都出身。幼い頃からピアノに親しみ、青山学院大在学中にはジャズバンドで活躍した。卒業後、レコード会社に就職。洋楽ディレクターとして働き、後に名コンビとなる作詞家の橋本淳さんの勧めもあり、作曲を学んだ。1966年に作曲家としてデビュー。いしだあゆみさんが歌った「ブルー・ライト・ヨコハマ」がヒットし、69年に日本レコード大賞作曲賞を受賞した。

 71年には尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」、79年にはジュディ・オングさんの「魅せられて」と手がけた楽曲が日本レコード大賞に輝いた。シンガー・ソングライターが等身大の表現で人気を集める時代となっても、「職業作曲家」として実力を発揮。次々とヒット曲を出し、平成に入ってもTOKIOなどに書いた曲がチャート1位を獲得している。

無断転載・複製を禁じます
1541905 0 エンタメ・文化 2020/10/12 21:07:00 2020/10/13 10:16:39 2020/10/13 10:16:39 インタビューに答える作曲家の筒美京平さん。東京・赤坂の日音で。2006年4月6日撮影★※[この写真の使用許諾は出稿部が責任をもってお取りください] https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201012-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)