読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

劇場版「鬼滅の刃」、3日間で興行収入46億円…動員342万人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅きめつやいば』無限列車編」(外崎春雄監督)が、公開から3日間(16~18日)で、観客動員数が約342万人にのぼり、約46億2000万円の興行収入をあげた。新型コロナウイルスの影響で映画界の苦境が続く中、異例の出だしの良さとなっている。配給元のアニプレックスなどが19日、発表した。

 映画は全国403館で公開。観客動員数と興行収入は、16日が約91万人と約12億7000万円で、平日における日本国内で公開された映画で歴代1位を記録。また17、18日もそれぞれ約127万人と約17億円、約124万人と約16億5000万円で、土、日における歴代1位を記録した。

 この作品を巡っては、複数のスクリーンを使って1日の上映回数が40回を超える劇場が出るなど、回数の多さも話題となっている。

 「鬼滅の刃」は、家族を殺された主人公の少年が、鬼になった妹を人間に戻すため、鬼と戦っていく物語。吾峠呼世晴ごとうげこよはるさんの原作漫画は、単行本の累計発行部数が1億部を突破している。

 昨年の興行収入が約140億6000万円(日本映画製作者連盟発表)で1位だったアニメ映画「天気の子」(新海誠監督)は、公開から3日間の観客動員数が約116万人、興行収入が約16億4000万円だった。

無断転載・複製を禁じます
1560070 0 サブカル 2020/10/19 15:49:00 2020/12/01 15:44:20 ●吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable※●は○にc https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201019-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)