「007」初代ジェームズ・ボンド、俳優ショーン・コネリーさん死去…90歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=広瀬誠】英BBCは31日、「007」シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で知られる英国の俳優、ショーン・コネリーさんが滞在していたカリブ海の島国バハマで死去したと伝えた。90歳だった。家族がBBCに明らかにした。最近、体調を崩していたという。死因などの詳細は判明していない。

俳優のショーン・コネリー氏(2010年6月、ロイター)
俳優のショーン・コネリー氏(2010年6月、ロイター)

 英スコットランドの生まれ。海軍を除隊後、ミュージカル「南太平洋」で初舞台を踏み、1954年に映画デビューした。下積み生活が長く続いたが、62年、スパイ映画「007 ドクター・ノオ(『007は殺しの番号』から改題)」の主人公ジェームズ・ボンド役に抜てきされた。タフでセクシーなスパイ役を好演し、「ロシアより愛をこめて」「ゴールドフィンガー」など計7作でボンドを演じ、人気スターの地位を確立した。

 67年製作の「007は二度死ぬ」は、日本が舞台で「ボンド・ガール」に選ばれた浜美枝さんとの共演が話題を呼んだ。

 ほかにも、「風とライオン」「薔薇ばらの名前」などで人間味あふれる演技を開拓し、87年の「アンタッチャブル」で米アカデミー賞助演男優賞を受賞。89年の「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」では主人公インディ・ジョーンズの父を好演した。

 その後も「レッド・オクトーバーを追え!」「小説家を見つけたら」など話題作への出演を続けたが、アメリカ映画協会の生涯功労賞を受賞したのを機に、2000年代半ばに俳優業を引退していた。故郷スコットランドの英国からの独立について推進の立場だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
1593214 0 エンタメ・文化 2020/10/31 22:03:00 2020/11/01 00:45:47 2020/11/01 00:45:47 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201031-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)