「鬼滅の刃」炭治郎の市松模様にファン全集中…マスク注文殺到

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公開中のアニメ映画が歴史的なヒットを記録し、社会現象となっている漫画「鬼滅きめつやいば」の主人公が着る羽織の柄が若者らの心をつかんでいる。日本伝統の市松模様で、あしらったマスクなどに注文が殺到し、SNSには写真が多数投稿されている。一方、偽グッズが出回り、出版社が模様の商標登録を出願してファンの間で物議を醸す事態に。ブームはますます熱を帯びている。

「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎((c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)
「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎((c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)
「鬼滅の刃」のヒットで注目を集める市松模様のマスク(京都市上京区で)
「鬼滅の刃」のヒットで注目を集める市松模様のマスク(京都市上京区で)

SNS投稿

 鬼滅の刃は、大正時代を舞台に、家族を鬼に殺された少年・竈門かまど炭治郎たんじろうが、鬼にされた妹を人間に戻すために戦う物語で、原作の単行本の累計発行部数(電子版含む)は1億部を突破。劇場版は公開から17日間で興行収入が約158億円に達し、国内の興行収入ランキングの歴代10位となった。

 炭治郎が着ている緑と黒の市松模様の羽織は、ファンに「タンジロー柄」と呼ばれ、ツイッターなどに同じ柄の服や風景などの写真があふれている。

 西陣織の生地問屋「伴戸商店」(京都市上京区)は、4月から緑と黒のマスクを販売したところ、約1万枚売れた。作品を意識したものではなかったが、常務の伴戸淳平さん(30)は「西陣織になじみのなかった人が伝統の技術に興味を持つきっかけを作ってくれた」と影響力に驚く。

 京都市東山区の東福寺にもファンらが集まる。庭園の植え込みやコケが市松模様に配置され、ツイッターには「鬼滅チックなお寺。超クール」との投稿も。明石碧洲へきしゅう広報主事(43)は「こんなところにまでファンが訪れるとは」と話す。

東京五輪でも

 市松模様は、江戸時代中期に歌舞伎役者の佐野川市松が舞台でこの柄のはかまを着たのを機に広まり、模様が終わりなく続くことから子孫繁栄につながるとされる。

市松模様がファンの人気を集めている東福寺の方丈の庭園(京都市東山区で)=土屋功撮影
市松模様がファンの人気を集めている東福寺の方丈の庭園(京都市東山区で)=土屋功撮影

 東京五輪・パラリンピックのエンブレムやボランティアの制服にも採用された。主人公以外のキャラクターの着物に使われる「麻の葉模様」や「うろこ模様」などの和柄にも人気が集まっている。

偽グッズ増で商標出願

 一方、これらの柄を使った偽グッズも増えている。ネット上では、キャラクターの衣装のほか、「鬼滅の刃風」や「鬼退治」などと、作品を連想させる文言やイラストを添えた小物などが多数販売されている。

 原作の出版元の集英社(東京)によると、多くが海外からの輸入品で、税関からの問い合わせで鑑定した件数は、昨年まで他の作品を合わせて年20件程度だったが、今年に入り鬼滅の刃関連だけで100件以上に上るという。模倣品は増える一方で、同社は6月、炭治郎を含め主要キャラクター6人が着ている羽織の柄の商標登録を出願した。

 伝統的な和柄について商標登録を出願することは異例で、ネット上で「横暴だ」と反発する声も上がった。

 同社は「悪質な模倣品に歯止めをかけるためで、ファンが個人的に楽しむことを規制するつもりはない」と説明するが、模倣品かどうかの線引きは難しい。

 集英社は「個別のどの商品が模倣に当たるかどうかは言えない」とする。

 知的財産法に詳しい東京理科大大学院の生越おごせ由美教授は「柄は作品登場前から広く認知されており、商標登録が認められる可能性は低く、個人で衣装を手作りする分には問題ない」と指摘。その上で、「『鬼滅の刃』の名称自体は商標登録されており、名称を使ったり、公式グッズと誤認させたりする方法で広く販売すると、商標法や著作権法などに触れる可能性がある」と指摘する。(大川哲拓)

無断転載・複製を禁じます
1604324 0 サブカル 2020/11/05 15:48:00 2020/12/01 15:39:59 2020/12/01 15:39:59 「鬼滅の刃」の主人公の竈門炭治郎(●著作権Cマーク●吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)※トリミングNG https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201105-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ