茅葺・檜皮葺…17件の伝統建築技術、無形文化遺産への登録を勧告

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の評価機関は、日本の伝統的な木造建造物を受け継ぐための技術「伝統建築工匠こうしょうの技」を、無形文化遺産に登録するよう勧告した。文化庁が17日、発表した。保存、修理、装飾などに関わる17の技術で、12月14日からパリで開かれる政府間委員会で正式登録となる見通しだ。

 清水寺(京都府)の屋根にも使われ、ヒノキの樹皮を用いる「檜皮ひわだぶき」や、白川郷合掌造り集落(岐阜県)などの「かや葺」、日光の社寺(栃木県)を彩る「建造物彩色」や、紙や絹が素材の障壁画などを維持・保存する「装●(そうこう)修理技術」などが含まれる。これらは文化財保存に不可欠な国の「選定保存技術」として、14の保存団体が継承している。(●はさんずいに黄)

 政府はユネスコへの提案にあたり、木・草・土などの自然の素材で、地震や台風に耐える構造と、日本ならではの建築空間を作り出した技術の価値を強調。檜皮や茅などの原材料を適切に管理しつつ採取する、自然に配慮した取り組みの意義もアピールした。

 国内の無形文化遺産は「能楽」「歌舞伎」「和食」「和紙」など21件。今回登録されれば、2018年の「来訪神」以来となる。

 ◆無形文化遺産=2003年のユネスコ総会で採択された「無形文化遺産保護条約」に基づき、文化の多様性や人類の創造性を証明する各国の伝統芸能や社会的慣習、祭礼などを登録する制度。建築物や景観、自然地形など、形がある遺産を保護する世界遺産を補完する目的もある。

無断転載・複製を禁じます
1631644 0 エンタメ・文化 2020/11/17 02:04:00 2020/11/17 12:10:05 2020/11/17 12:10:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201117-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ