「地球の歩き方」出版社が変更、海外旅行の事業環境に変化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」シリーズを発行する「ダイヤモンド・ビッグ社」は同シリーズなどの出版事業や関連事業を来年1月1日、学研グループの「学研プラス」に譲渡すると発表した。

 「地球の歩き方」は1979年創刊で海外の国・地域を取り上げた約220タイトルを刊行する海外旅行ガイドブックの老舗。初の国内版として9月に出た「東京編」も話題となったが、新型コロナ感染症の世界的流行で、海外旅行関連の事業環境が変化したことが影響したという。学研プラスは、子会社を設立し同シリーズの刊行は継続する予定。学研プラスでは「出版を入り口に、多文化理解のための教育事業などへ展開するチャンスと考えた」としている。

無断転載・複製を禁じます
1632146 0 エンタメ・文化 2020/11/17 10:58:00 2020/11/18 11:28:49 2020/11/18 11:28:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ